自己啓発本やライフハック系の記事に書いてあることは、1つだけ実現できるだけで十分すごいことに気付こう

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 434

私は自己啓発本やライフハック系の記事をこれまで読み漁ってきました。
そんな私がたどり着いた結論は、次の通りです。
書いてあることの1つだけでも実現できれば十分すごい
ということです。

それでは、解説していきましょう。

自己啓発本やライフハック系の記事では、
大抵、1つだけではなく複数のルールが書き込まれている(詰め込まれている)はずです。

たとえば、
「~を実現するためのたった10個のルール」
この7つの習慣さえ身に付ければ、あなたは~できる」
「~のためにはやってはいけない15NG行為」
のように、1つではなく複数のルールやアドバイスが書かれているはずです。
ここでは、「複数のルールが書かれてる」という点を認識して、気付いてください。

これは、ある意味必然で、自己実現をするための意識の高いコンテンツなのに、
守るべきルールが一つだけだったら、コンテンツが無いという印象を
読み手に与えてしまいます。

ですので、書き手(著者)側には、できるだけルールを詰め込みたいという心理が働き、
ついつい詰め込みすぎてしまうからです。

特に能力の高い著者の程、
ルールを詰め込んでしまっている傾向にあると思います。

一方、自己啓発系のコンテンツを強く求めている読み手は
どういう特徴を持つ人たちが多いのでしょうか。

自己啓発やライフハックのコンテンツを読む人たちは、
当たり前ですが、普通の人よりも意識が高い人であるということです。

「いや、私はそんなに意識高くないけどな」と思うかもしれませんが、
意識が高くない人は、今の自分に満足しているので、
自分を高めるという内容のコンテンツには興味がないから、
そもそも意識の高いコンテンツを求めません。

しかし、意識を高めたい人というのは、
これまでの自分のやってきたことに、どこか満足がいっておらず、
計画を立てても、物事がうまく運んでいないなと、
心の底では感じています。

自分の想いのままに物事をやり遂げてきた、
あるいは、これからも、絶対に計画通りにできるはずだ、と希望に燃えている人は、
自分の意識を高めなくても、すでに何かしら実行に移っているはずだからです。

つまり、ここで言いたいのは、意識を高めたい人というのは、
どこか自己否定的で、何かを背負っている余裕がない状態であるといえるのです。
言い換えれば、自分の理想に、現実の自分が追い付いていない状態ともいえるでしょう。

では、そんな人にこれら多数のルールを守ってください、といったらどうなるでしょうか?

きっと、受け止めきれないはずです。
複数のルールでは多すぎる。

しかし、自分を高めないといけないと思っている人たちは、切羽詰まっている状態なので、
複数のルールを受け止めないといけないと
自分をがんじがらめにしてしまいます。
これでは、複数のルールを消化できるはずなどないのです。

このことに気付いていない人が、実に多い。

だから、たとえ多量の自己啓発本やライフハック記事を読んだとしても、
全部取り込もうとするのではなく、
一つに絞って、それを実現するように力を集中した方が圧倒的に結果が出ます

たとえば分かりやすい例を挙げましょう。
スティーブン.R.コビーという人が書いた「7つの習慣」という
超有名な自己啓発本があります。


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

この本には、自己実現のための7つのルールが書かれてあります。

次のようなルールです。
1、主体的になろう
2、終わりを思い描く
3、最優先事項を優先する
4、win-winを考える
5、理解せよ
6、シナジーを創り出す
7、刃を研ぐ

これだけ見ると、意味不明ですが、
要するに、「まずは誰かに依存することを辞めて、自分の人生を生きよう。
そして、目標を立てて、周りの人たちと協力し合って、
より高みを目指そう」という内容です。

本の中には、さらに100個以上の細かなルールに分かれており、
まさにすさまじい量の規則が書かれてあります。

こんなに沢山のルールで、自分を縛りつけてしまったら、
高確率で消化不良がおこるのは、理解できますよね?

しかし、さっきも言いましたが切羽詰っている人たちは、
無理して沢山のルールに縛りつけようとしがちです。

実際に私も試してみて、すぐさま消化不良がおこりました。
そもそも第1の習慣の「主体的になろう」を実践することから実現できなかったのです。
未だに主体的になれていなくて、もがいている最中です。

ですから、沢山のルールが書かれていたとしても、
たった一つのルールさえ実現できれば、
それだけで自分は成長できるんだという意識改革をする必要があるのです。

ですから、みなさんも意識を高めるコンテンツを読むときは
複数のルールを欲張って実現しようとするのではなく、
一つでも実現できれば、十分すごいんだと思って、
より高みを目指してください。

もっと言ってしまえば、いろんな記事を読む必要もなく、
一つのお気に入りの本もしくは記事を見つけて、
その中の一つに集中して、実践するのが一番です。

くれぐれも、自分を追い詰めないでください。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加