ミニボートの沈没・転覆映像まとめ。2馬力、FRP、ポリエチレン製、カヤックなど。

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 247

ボート乗りとしては、沈没・転覆の危険性を常に意識しておくべきだと思います。

そこで今回、Youtubeにアップされているミニボートの沈没・転覆動画を集めてみました。

先輩方の失敗から学ばせてもらいましょう。

ぺろぺろ丸の船長pan

一見、穏やかそうな海ですが、外海とリーフの境目で生じた白波にやられたそうです。

釣りどんvlog

ポリエチレン製のボート+サイドフロートで沈没。
サイドフロートの取付があまく、他の船が立てた引き波がボート内に侵入し沈没。

荒波High Waves

FRP分割ボート+サイドフロートで沈没。
沈没後2時間も海に漂っていたらしく、このチャンネルの方が救助したそうです。
突風により波が立ち、それがボート内に入ってきて沈没したみたいです。

私もFRP分割ボートを持っており、同じようなサイドフロートを使っているので他人ごとではありません。
天気予報は必ず確認し、天候の急変には素早く対応するべきだと思います。
また、FRPミニボートは一定量の水がボート内に侵入すると急激に浮力がなくなるので、すぐに沈没してしまいます。
なので冬はゴムボートの方がいいかもしれません。
(といっても、ゴムボートも穴あきには十分な注意が必要なので、真冬の出航は控えたほうがいいとは思います)

aaa Akihiro

バス釣り用のアルミボート。

バス釣りではボート上に立って釣りをするので、不安定になりがちです。
湖は海に比べて波が穏やかなので、立ってもいいかもしれませんが、それでも沈没するときは沈没するようです。

海では、基本的にはボートの上では立ってはいけませんし、右舷左舷のどちらかに重心を大きく偏らせてはいけません。
焦るとついつい立ってしまいそうになりますが、肝に銘じておく必要がありますね。

ファンキーカムカム

プロアングラーさんです。
私もチャンネル登録させていただいております。

カヤックによる転覆。

安価なカヤックで作りがよくなく、小さな穴が空いており、そこから海水が少しずつ侵入。
やがて浮力がなくなり転覆したそうです。

カヤックは船体が細長いため横方向に対する安定感がなく、ゴムボートやFRPよりもさらに転覆しやすそうですね。

FISH HUNTERひろぽん

カヤックでの沈没映像。

釣れた魚を後ろのクーラーボックスに入れようとしたところ、あっけなく沈没したとのこと。

カヤックでは左右のバランスを特に注意したいですね。また、ライフジャケットは必須です。

床屋の休日

カヤックの転覆。

風の影響と体重による重心の偏りから転覆したそうです。

西宮一家

転覆はしていないですが、比較的大きなFRPボートで、ボート内に波が入ってくるときの様子。

他の船が立てた引き波が入ってきたようです。往来の激しい航海ルートは避けた方がよさそうですね。


以上です。

私は沈没・転覆の経験はないですが、海上で船外機のエンジンがかからなくなり、海岸に戻れなくなりそうになった怖い経験があります。海は本当に怖いです。その気持ちを忘れず、今後もボート釣りを楽しんでいきたいと思います。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。