男女の同窓会に参加する彼女のことを、女性の知り合いに相談した結果

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 251

もう結婚が決まっているのだが、
彼女について心配事があり、とある女性A子に相談してみた。

相談事とは以下の通りである。

彼女は結婚が決まる前(厳密には付き合う前)から
小学生の同級生である男女3:3の仲良し6人組がいる。
そして、定期的に飲み会をしているそうだ。

この6人組はずっと仲が良かったわけではなく、
みんなが社会人になってから再会し、定期的に遊ぶようになったみたいである。
その6人組の内一人の男が、「俺たちはこれからもずっと仲良し組だよな。」
っていっているらしい。

つまり、ここで一つ疑問が生じる。
僕と結婚しても、この6人組は定期的に遊ぶのだろうか?
自分のエゴとして、そういう男女の会に行ってほしくないという気持ちもあるし、
行くなといって、この人はなんて器の小さい人なんだろうと思われたくもない。
また男女の会に匹敵するほど普段の自分に話題性がないことも承知だ。
そういった相反する気持ちが重なり、その場から逃げたくなる。

そこに不安を感じたため、A子に相談し
どうすべきかのアドバイスを求めてみた。

僕はA子に、以下3点について聞いてみた。
1、現状を聞いて客観的にどう思うか?
2、自分が彼女にできる対処法
3、自分が自分にできる対処法

1、については、
彼女は仕事をしており、浮気なんてする暇があまりないので
あまり不安に思わなくていいのではないか?
という答えだった。

それに、もし彼女が同窓会にいくというのなら、自分への配慮があるかを確かめてみては?
というアドバイスをもらった。
たとえば、「~時には帰るから心配ない」という安心させる言葉をかけてくれるかどうか、
もしくはご飯をちゃんと作っていってくれる。とかそういう配慮のある行動をしてくれるかどうかを
確かめてはいかが?とのことだった。

ちゃんと夫と夫以外の男性とで線引きができているかを見極めるべきである、
ということだ。

2、について
男女の同窓会に行ってほしくないのなら、きちんとそういうことを言うべき。
つまり、はっきり相手に感情や、意見をいうという姿勢を取るべきだというアドバイスだった。

もし言わなければ、どんどんエスカレートする可能性もあるので、
その予防も兼ねてはっきりいうべきだし、
ため込むのは精神的によくないから、とのことだった。

3、について
趣味を充実させよ。ということだった。
趣味がないのなら彼女の趣味を取り入れればいいし、
ないのなら作ればいいとのことだった。
とにかく、相手に依存するのではなく
あくまで自分に集中すること。
これが最大のポイントだと。

以上がA子が教えてくれた対処法だ。
僕の感想としては、
論理的にアドバイスをくれてありがたかった。
結果的にA子に相談して大変有意義であったと思う。

みなさんも異性に対して知りたいことがあったら、
異性に相談してみるといいだろう。
色んなアドバイスをしてくれて、少し安心できると思います。

余談ですが、今回の根本的な原因は
「嫉妬」だと思います。
彼女に対して、嫉妬のかけらもなければ
「勝手に行って来い」ってなりますよね。
だけど、そうでは無いということは
やはり原因はジェラシーなのでしょうね。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。