有吉弘行の名言「寂しいって思うお前は、人から好かれてないんだよ」「でも、それで何がいけないの?」

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 35

有吉弘行は「お前なんかもう死んでいる」っていう本を書いています。

これですね↓

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

この本では、有吉は
「1人でいることに慣れちゃうと、実はそんなに寂しくないんじゃねーかなっていう」

「そもそも、“寂しいから”って自分から人を誘って来てもらうぐらいなら、
“そんなにそいつに好かれていないんじゃねーかな”って思うし。
もし好かれていたら、もっと向こうから誘ってくるだろ!って思うんですよ。
それが”寂しい”って思うぐらいに人から誘ってもらえないってことは、
そもそもそんなに人に好かれて無いだろって。そこに気づいたほうが良いと思うんですよね」

別にそんなに自分のこと好きだと思ってもいないようなヤツ
誘って寂しさ紛らわせてもしょうがないと思うんですよね

参考:http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-331.html

このように書いています。

実は僕はものすごく寂しがりやで、
一人になると、すぐに誰かに連絡してしまいます。
でも、実際に会ってみるとつまんなかったりするんですよね(笑)
だから、この有吉の言葉には、納得できます。

普段から付き合いがあまりないってことは、
結局、仲が良くないってことなんですよね。
共有している情報が少ないからなのかな、だから、会ってもなんだかぎこちなくなる。
そうなることが分かっているのに、会いたくなる。
だって、寂しいから。

分かっていても、やっちゃうってことは色んな局面であるんだけど、
寂しいから、どうでもいい人に連絡して紛らわすっていうのは、
有吉に言わせると、お金と時間の無駄らしいです。

でもまあ、お金がすべてじゃないし、
時間も貴重だけど、孤独を感じる時間っていうのは明らかにマイナスな時間なわけで。
だから、必要に応じて、寂しさをまぎらわしても
いいんじゃないかなって個人的には思います。

自分で稼いだお金をすべて自分につぎ込むのも、なんだかなあって思いますしね。
時間は貴重というけど、その分、自分が何かを生み出しているかといえば、疑問です。
結局、何か食べたり、寝たり、ゲームしたり、ネットしたりするくらいだからなあw
まあ、有吉は稼いでいる芸能人だから、自分の時間がほしいだろうし、
やりたいことをできるお金も持っているでしょうから、
そう言ってるのかなって思います。
それに、あんなに毒舌で普段から接されたら、友達も疲れますよ。

とまあ、有吉の言うことを少し否定してしまいましたが、
結局のところ、私には友達がいないのですよ。
だから、寂しさを紛らわしてくれる人なんていないんです。
でも、暇ならいろんな人に会ってみてもいいと思うし、何かするのもいいかもしれない。
仕事も暇つぶし、友達付き合いも暇つぶし、私にとってはそんな程度のものなのです。

今は、妻がいてくれるので、それで十分になり、寂しさも感じなくなりました。

あと、僕の中では、最高の娯楽はセックスなようです。
遊んでいてもセックス以上に、楽しいことなんてそうそうないっすよw
妻がいる以上、他の女性とセックスすることができなくなったので、
もう最高の楽しみは、妻とセックスするくらいですかねw

最後は、下品な話になりましたが、
寂しいからって会う人は、お金と時間の無駄、
だけど、暇つぶしのお相手にはなってくれるんじゃないかていうのが、
僕の結論です。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。