ASUS VivoBook X202E X202E-CT987が届いた。

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 145

昨日、ASUS VivoBook X202E X202E-CT987が届いた。

早速、段ボールを開けてみると、
非常に小さな箱でびっくりしました。
A3の紙くらいの大きさで、厚さも10cm程度。

そして、さっそくの使用感ですが
windows8は慣れが必要ですね。

とりあえずclassic shellを入れて、スタートメニューを復活させる。
そして、起動時に直接デスクトップ画面に飛ぶように設定
「Classic Shell 3.6.1J」

しかし、ログイン画面でタッチパネルでスライドさせると、
スタートメニューが出てくるのが遅くなるのはなんでだろうか?
キーボードを押してログイン画面を出せばすぐにスタートメニューがでる。

あとはchromeを入れて、プラグインを入れる。

office2003を入れてみると、一応動いたが、
公式には互換性は無いとのこと。
VBAをするのだが、動かないプログラムがある模様。
レンタルサーバのPHPで最近は事足りているので、
アンインストールしようと思う。
Office 2003 アプリケーションは、Windows 8 と互換性がありません。

これで、windows7までとほとんど変わらない環境で
使用できます。

PCのサイズも11.9インチと寝ながら使うのには最適な大きさ。
キーボードも個人的には、打ちやすい。
CPUは上位機種だとcorei3だが、今回のはpentium987という1.5GHz×2の仕様たったので、
もっさり感があるのか?と懸念していたが、
ネットをする程度なら今のところ問題はない。

ただ問題は、寝ながら用に購入したものの、
うつぶせで寝ながらやると首が痛い。
やはり寝ながらは無理だったのかな><;

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。