元プロ野球選手・桑田真澄投手から教わった5つの成功の秘訣

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 450


心の野球 超効率的努力のススメ (幻冬舎文庫)

私は野球に疎く、
桑田真澄選手についてあまり知りませんでしたが、
桑田選手の講演会を聞いて、
何か生きるヒントをもらったような気がしました。

桑田選手が教えてくれた成功の秘訣の中で、
特に重要だと思った下記5点について述べます。

目標を立てる

桑田選手は、
小学生の野球チームで上級生たちからイジメを受け、
野球を一時的にやめてしまっていました。

それに勉強も全くできなくて、
クラスメートにバカにされていました。

こんな感じで勉強も野球も成果が出なくて、
腐っていたとき、お母さんから
「目標をたてなさい」
と、アドバイスをもらったそうです。

そこで、
「PL学園に入って、プロ野球選手になる」
という明確な目標を立て、努力を始めたそうです。

それからは順調に努力して、
中学での野球リーグでは、ボロ勝ちの好成績を収めることが
できたそうです。

そして、PL学園への入学のみならず、
特待生としても選ばれたそうです。

何かをするには、明確な目標が必要なのですね。

自分流を貫く

桑田選手はPL学園でも、当然のごとく野球部に入ります。

ここで清原選手と出会います。

桑田選手は174㎝と野球選手としては小柄なのですが、
清原選手は188㎝と大柄でスイングもピッチングも、
とても豪快だったそうです。

他の野球メンバも能力が非常に高かったそうです。

そこでは、他の選手と自分を比較して
強烈なコンプレックスを感じたそうです。

そして、野球の基本を身に付けないといけないと感じ、
基本スタイルを忠実に守った練習方法に切り替えました。

その結果、練習すればするほど
まったく試合に勝てなくなってしまいました。

試合に勝てず、寮生活もきつかったため
ついに高校を辞めようと決意します。

高校を辞めることをお母さんに伝えたところ、お母さんから
「とりあえず続けてみれば」
と言われたそうです。

この一言で、開き直って
「自分らしくやってみよう。」
と思えるようになったそうです。

それからは、基本フォームの再現はやめて
自分流を追及していったそうです。

最初、監督やチームメンバからは反発されたそうですが、
結果が出始めると、何にも言われなくなったそうです。

その結果、桑田選手は甲子園ではボロ勝ちの成績を
収めることができました。

さらに、ドラフト一位で巨人への入団を果たし、
見事、プロ野球選手になる夢もかなえます。

よく基本が重要といわれますが、
あえて自己流を貫く、ということも重要なことなのですね。

短時間集中型

桑田選手は短時間で集中して練習をするタイプだそうです。

練習をあまり長時間やりすぎると、
いざ本番で力がでません。

必要な量を最低限、かつ集中してコツコツ練習する。
これが成功の秘訣だそうです。

まじめな人ほど、いっぱい練習しないといけないと考えて、
ついつい長時間、ダラダラと練習をやってしまいがちですよね。

意味のある練習量をまずは計算してみるのが、
いいかもしれませんね。

現地現物

人から聞いたものや、ネットで調べたものと、
自分で実際に経験したことは、雲泥の差があるそうです。

桑田選手は38歳のときに、メジャーリーガ(ピッツバーグ・パイレーツ)になりましたが、
アメリカの野球場の空気感は、その場に立ってみないと決して分からないと
言っていました。
そして、目標としたその場所に立つと、とても感動し、気分が高揚するらしいです。

実際に自分でその場所にいったり、
当事者にならないと、分からないことは沢山あるということですね。

自分の興味のあることに関して、トップレベルの人たちはどんな空気感を味わっているのか?
まずは、そこに関心を持ってみるのもいいかもしれませんね。

運も必要

「運も実力の内」という諺がありますよ。

桑田選手が小学生からプロ野球選手時代まで、
ずっと好成績を収められたのは、実力以外にも
運が良かったのもあるそうです。

まず、家族。

桑田選手のお父さんには、
「息子には是非、プロ野球選手になってほしい」という夢があったそうです。
なので、小さいときから野球をやらせてもらえる環境にありましたし、
心の支えにもなってくれたことでしょう。

さらに、要所要所でよいアドバイスをくれるお母さんの存在ですよね。
これは、とてもありがたいですよね。

次に、チームメンバ。

小学生の時はいじめられ、野球チームを辞めることになってしまいましたが、
中学生、高校、プロ野球時代、メジャーリーガーのときと、
常に優れた能力をもつチームメンバがいたからこそ、
抜群の成績が残せたと言っていました。

チームメンバは選べませんし、完全に運です。

もし、何かうまくいっていないのであれば、
あなたの努力が足りないのではなく、
周りのメンバに問題があるのかもしれません。

「今は、巡り合わせが良くないんだな。」
と開き直れば、少しは気がまぎれるかもしれません。

それに、環境を変えて、
よいメンバがいるところに移るのもありかもしれません。


以上が、桑田選手の成功の秘訣でした。

桑田選手は選ばれし者であり、大変な努力家なので、
凡人な私には、到底真似ができない点も多くあると感じました。

しかし、少しでも成功に近づけるよう、
これらの秘訣を思い出して、実行に移せたらなと思います。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。