2馬力エンジンにイリジウムプラグは不要、純正品でOK

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 19

私はHONDAの2馬力エンジン「BF2DH」を使用しており、これまでエンジンのかかりが悪かったので、イリジウムプラグを使用しておりました。

←イリジウムプラグ

しかし、修理屋にもっていくと、エンジンがかかりにくいのは「キャブレター内部がススで汚れていたから」ということが分かりました。

また、その際にイリジウムプラグは不要という説明を受けました。

その理由は、「カブった時やススが付いた時にどうしようもなくなるから」だそうです。

純正品のプラグでは、被った時やススがついた時は、プラグの先端を布で拭いたり、ブラシで擦れば、また使用できるようになります。

でもイリジウムプラグでそれをすると、プラグ先端のイリジウムが剥がれてしまい、エンジンが点火できなくなります。ですので、新品にその都度交換しなくてはなりません。

イリジウムプラグは純正品の5倍の値段がします。なので、エンジンのかかりが悪いからといっ毎回新品を交換するのはコスパが悪すぎます。

2馬力エンジンは比較的原始的な構造のエンジンです。なのでキャブレターもススけやすく、カブりやすくもあります。

なので、2馬力エンジンではイリジウムプラグは不要ということになります。

※もちろん船外機以外のカブりにくいエンジンであれば有用だと思います。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Batteriesmgq より:

    European glory, and even after

  2. Feederigu より:

    55 thousand Greek, 30 thousand Armenian

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。