ローランスの魚探(HookReveal)に自作地図(AT5形式)を入れる方法。QGISとInsightMapCreatorを使用。

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 725

ローランスのHook Revealシリーズへの自作地図の入れ方について解説します。

地図の元データをダウンロード

国土交通省のホームページから、地図の元データ(国土数値情報)をダウンロードします。
https://nlftp.mlit.go.jp/ksj/index.html

ダウンロードするファイル形式は、GML(JPGIS2.1)のシェープファイルで、下記ファイルをダウンロードします。
・水域 → 海岸線(ライン)
・水域 → 河川(ライン・ポイント)
・行政区域 → 行政区域(ポリゴン)

ちなみに、海岸線の最新データは平成18年(2020/10/4現在)なので、行政区域も平成18年のデータをダウンロードしてください。行政区域の年号を合わせないと、区域と海岸線のズレが大きくなります。また、日本全国分のダウンロードは時間がかかりすぎるので、自分の行く県のみに限定した方がいいと思います。

例えば、福井県と京都府の地図データを作成したい場合、下記ファイルをダウンロードします。
・海岸線(ライン)
C23-06_18_GML.zip
C23-06_26_GML.zip

・河川(ライン・ポイント)
W05-07_18_GML.zip
W05-09_26_GML.zip

・行政区域(ポリゴン)
N03-06_18_GML.zip
N03-06_26_GML.zip

QGISでシェープファイルを作成

シェープファイルを統合したり、作成したりできるQGISというソフトをダウンロードし、インストールします。Windows(64ビット)なら、OSGeo4Wのネットワークインストーラ(64ビット)を使ってインストールすればいいと思います。
https://www.qgis.org/ja/site/forusers/download.html

インストールが完了したらスタートメニューからQGISを起動してください。

起動後、左上のプロジェクト>新規作成をクリック。

まず、海岸線を読み込みます。
国土数値情報の海岸線のフォルダに入っている「*****_Coastline.shp」というファイルを、真ん中のワークスペースにドラッグ&ドロップします。

福井県と京都府の場合、下記ファイルを読み込みます。
C23-06_18-g_Coastline.shp
C23-06_26-g_Coastline.shp

すると、このように海岸線が表示されます。

次に、行政区画データを同じように読み込みます。

福井県と京都府の場合、下記ファイルを読み込みます。
N03-06_18-g_AdministrativeBoundary.shp
N03-06_26-g_AdministrativeBoundary.shp

次に、河川データを同じようにして読み込みます。

福井県と京都府の場合、下記ファイルを読み込みます。
W05-07_18-g_Stream.shp
W05-09_26-g_Stream.shp

次に、海データを作成します。
海データを作成しないと、ローランスの魚探の場合、海が黄色く表示されて見づらくなってしまいます。

レイヤ>レイヤの作成>新規シェープファイルレイヤ

ファイル名のブラウズボタンをクリックして、海レイヤの保存場所を指定します。すると、ファイル名のところに保存パスが入ります。(ファイル名だけだとPermission Errorが発生してレイヤを作成できません。なので、パスを入れるようにしてください)
ここではファイル名はsea.shpとしました。

そして、ジオメトリタイプをポリゴンにします。
(ポリゴンとは内部が塗りつぶされる図形を意味します。海の内部を青く塗りつぶしたいのでポリゴンを選択します。)

そして。OKボタンを押します。

すると、このようにseaレイヤが作成されます。(下の画像はQGISの左下に表示されるレイヤウィンドウです)

seaレイヤを一番下に表示したいので、クリック&ドラッグして一番下にもってきます。

そして、海パターンを描いていきます。
作成したseaレイヤを選択し、画面上部にある編集モード切替ボタン(黄色い鉛筆マーク)をクリックします。

そして、ポリゴン地物を追加のボタンを押します。これでポリゴンを描くことができるようになります。

左クリックで海の領域を描いていき、最後に右クリックを押すと、地物属性の確認画面が出てくるのでOKボタンを押します。すると、海のポリゴンが描かれます。

海の色は別ソフトでつけるのですが、イメージ確認のために、右側にあるレイヤスタイルで青色にしてみます。いい感じに描けていますね。

次に、県ごとに分かれているシェープファイルを統合します。

ベクタ>データ管理ツール>ベクタレイヤのマージ

入力レイヤのブラウズボタンを押して、統合したいレイヤを選択します。
まず海岸線データを統合したいので、海岸線レイヤを選択します。
たとえば、下記レイヤです。
C23-06_18-g_Coastline.shp
C23-06_26-g_Coastline.shp

出力レイヤは、同じくブラウズボタンを押しファイルに保存を選択。レイヤの保存パスとファイル名を指定します。(ここではcoast.shpとしました)

そして、実行を押すと海岸線が統合されたレイヤが作成・保存されます。

同じようにして、河川と行政区画のレイヤも統合します。
それぞれstream.shp、admi.shpとしました。

この段階で下記のシェープファイルが準備できたことになります。
coast.shp
stream.shp
admi.shp
sea.shp

InsightMapCreatorでAT5ファイルの作成

InsightMapCreatorというソフトで、シェープファイルからローランスの魚探で読める地図データのAT5ファイルを作成します。

InsightMapCreatorをダウンロード
Download Link Inisght Map Creator (IMC) (TackleFever)

ダウンロードしたらソフトウェアを起動します。

そして、View>Processing Mode>Attribute Mode Windowを選択

各シェープファイルごとに、レイヤ情報を登録していきます。

どのレイヤでもL_LIMITは0、U_LIMITは19です。
COLORの番号は一例として黒が0、青が44、黄色が24、水色が182です。
LAYERは小さい番号ほど上の層になり、1が最小、100が最大です。

これらの情報をAdd New Conversion Ruleを押して追加していき、InputにQGISで作ったシェープファイル、Outputに出力ファイルのパスを指定して、Buildボタンを押します。

例として、出力ファイルには_IMCをつけました。

■海岸線の設定例

■河川の設定例

■行政区画の設定例

■海の設定例

以上で下記のレイヤ情報が登録されたシェープファイルが作成されたはずです。
coast_IMC.shp
stream_IMC.shp
admi_IMC.shp
sea_IMC.shp

次に、View>ProProcessing Modes > Vector Mode Windowを選択

Add Filesで作成したシェープファイルを選択し、WorkDirectoryのパスを選択。そして、Buildを押します。すると、統合処理が始まります。

処理が完了すると、ワークディレクトリ内にAT5ファイルが出力されます。

作成したAT5ファイルを魚探のSDカードに入れると、↓のような地図が表示されるようになります。

以上です。
手順はかなりややこしいですが、自分の好きな地図が作れるようになるのでとても便利です。

■参考サイト
萩の月 | LOWRANCE GPS魚探用AT5マップ作成(補足)
紙つぶて 細く永く | QGIS電子地図操作 第11回 QGIS3.0アップに伴う改編

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。