レンコダイ(26cm)が釣れた時の魚探パターン(動画あり)

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 040

レンコダイを釣った時の魚探パターンについてです。

水深は32m。

ほんとに分かりずらいですが、ボートを低速で進めていると、ボトムにモヤモヤとかすかな反応がでてきました。

あまりに反応がかすかだったので仕掛けを投入しようか迷いましたが、とりあえずサビキを投入してみることにしました。

すると、着底後にすぐにアタリがきてくれ、レンコダイ(26cm)が釣れました。

今回驚いたことは、20cm~30cmくらいの魚は水深が30mくらいになると、ほとんど点でしか魚探に映らないことです。

なので、水深が深いのであれば、たとえ魚探の反応がかすかであっても、とりあえず仕掛けを投入した方がいいと思います。

■動画

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。