サゴシ、サワラを釣るための仕掛けはジグサビキがおすすめ。(実釣動画あり)

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 130

サワラ(サゴシ)を狙うための仕掛けについて解説します。

ジギングで釣るイメージの強いサワラ(サゴシ)ですが、実際にはサビキにも食いついてきます。

ですので、「ジグサビキ」を使うのがオススメです。

ジグサビキはサビキの先にジグが付いている仕掛けで、サビキのラインは一般的なサビキのものよりも太い20lb~40lbが使用されていますので、大型の魚も十分に狙えます。

REF

ジグサビキには2本針と3本針のものがありますが、どちらでもいいです。

でも、扱いやすさを考えると2本針がおすすめです。

メタルジグとセットになっている↓のようなセットを買うのが簡単です。

ハヤブサ(Hayabusa) ジギングサビキセット 2本針 30g L

サワラは歯が鋭く、ラインが切られる場合があります。

そのため、ジグサビキは5セット以上は購入して釣りに行ったほうがいいでしょう。

また、自分好みのジグサビキの仕掛けを作りたい場合は、サビキとメタルジグを個別に購入し連結するだけで、とても簡単に作れます。

メタルジグは30gか40gでいいと思います。

ハヤブサ(Hayabusa) ジギングサビキ L

Wild Scene メタルジグ セット 30g 5個セット 

メタルジグは安い数個セットのもので十分釣れます。トレブルフックは付いていた方がいいと思います。

ジグサビキを用いることで、サワラが2本以上同時にかかったり、他の魚(アジなど)がかかる場合もあり、釣れる確率や楽しさが倍増するのでオススメです♪

■ジグサビキを用いてサワラ(サゴシ)を釣った実釣動画
2:20~

1:04~

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。