釣り・ボート関連用語

この記事の所要時間: 16

釣り

・ナブラ、ボイル、ライズ
ナブラ・・・フィッシュイーターに小魚が水面近くまで追い込まれ水面から飛び出していること
ボイル・・・水面近くにいる小魚をフィッシュイーターが捕食している様子
ライズ・・・水面付近にいる小魚を捕食する際に、勢い良く水面にフィッシュイーターが飛び出すこと

・根
主に海釣りで使う用語で、底の岩礁など起伏のあるところを指す。沈船や魚礁など人工的な構造物で作られているところもある。海藻類が育ちやすく魚が集まりやすいとされる.

・道糸
リールに巻いておく釣り糸

・ハリス(リーダ、ショックリーダ)
道糸の先に結んでおく釣り糸

・高切れ
ハリスが切れずに道糸が切れてしまうこと。

ボート

・ハンプ、プレーニング
ボートのスロットルを徐々に開いてエンジンの回転数を上げると、スピードが増すに従って船首が上がる。これを(ハンプ)という。

ハンプの状態から、さらにスピードを上げると船首は逆に下がる。この時点より水の抵抗が急激に減少し、同時にスピードは増加して滑走状態に入る。この滑走状態を(プレーニング)という。

ちなみに、2馬力では馬力が小さいためフルスロットルでもハンプにしかならず、プレーニングにはならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加