釣り・ボート等のメモ

この記事の所要時間: 235

釣り

・釣りは趣味であり、自分の好きなようにすればいい
自分の意見に対して批判してくる人、文句言ってくる人のことは無視しておけばよい。

・釣り場は自分で開拓すること
他人の言っていることは鵜呑みにしない。場所は同じでも条件が日によって違うから、確実な釣果を上げられる場所というのは基本的には存在しないと考える。

仮に釣り方、釣り場は教えてもらっても、何をいっているか理解が難しい。わかっているようでも、自分でいって肌で感じないと何をいっているか分かっていないものである。だから、自分で行って自分で感じ、考え、自分流を生み出す必要がある。

・野生動物、毒魚、毒草には気をつけよう
野生の鹿がとびだしてきたことがある。
足に毒草がふれ、かぶれたことがある。(靴下などをきちんと身に着けよう)

・出航時、足場には気を付けよう
濡れたスノコで滑ったことがある。

・アオリイカのシーズン
9月上旬・・浅瀬で2.0~2.5号くらいのエギを使ってコロッケサイズを狙う。
9月中旬から10月中旬・・・ティップラン釣法で水深30mから40m付近を狙う。
10月に入るとサイズ的には胴長手のひら、水深はどんどん深くなる。
敦賀湾より美浜や常神方面の方が釣果が出る。理由は岸から近いところに30mラインがあるから。

・サゴシ、サワラ
10月くらいによく釣れる。

40-50cm サゴシ
50-60cm ナギ
60cm以上 サワラ

春から秋にかけては沿岸の表層を群れで遊泳するが、冬は深場に移る。
食性は肉食性で、おもにカタクチイワシやイカナゴ等の小魚を捕食する。

産卵期は春から初夏。
生後1年で46cmほどに成長し、以後は2歳68cm、3歳78cm、4歳84cmほどとなる。
寿命はオス6年、メス8年ほどである。

ボート

・エンジンの始動について
1回エンジンを切って、また始動するとき、スロットルを一回全開にして、いつものスロットル位置に戻してから始動すると、起動しやすい気がした。キャブレターに空気が入るから、始動しやすくなるのかも。(あんまり関係ないかも・・・)

・モーターマウントは適当にカスタムしてはならない
角度がおかしくなって、エンジンが動かなくなる。最悪エンジンが壊れる。それにモーターマウント型に2馬力エンジンを付けるのは基本的にはやめておいた方がいいだろう。

・フロア保護用の風呂マット
エアーフロアの場合、フロア保護としてポリプロピレン製の風呂マットをもちいるのは、あまりよくない。
最初はいいと思っていたけど、硬いゆえに割れる。
でも、ロールアップ式との相性はよい。

・HONDA2馬力BF2DHのリコイルスタータ
羽が脱線しやすい。だから、予備を持っておいた方がよいだろう。当然、六角レンチも。

撮影機材

・アクションカメラのネックマウント(安物)は折れやすく、壊れやすい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加