イグジストアーカイヴを購入、やり始めの感想。

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 37

CMで絵がキレイで、なんとなく面白そうなストーリーっぽいと思ったので、
「イグジストアーカイヴ」(12月17日発売:PS4)購入してみました。


イグジストアーカイヴ -The Other Side of the Sky-

発売日には購入してはいたのですが、プレイはできていませんでした。
そして、用事が落ち着いたので
今日(12月20日)、パッケージの袋を破ってプレイしてみました。

(以下、個人的な意見を述べます。)
※気分を害する恐れがあるので、
心の狭い方は読み飛ばしてください。

まず、ストーリーのイントロについての感想ですが、
現代の日本のような国に住む主人公が、
事故で死ぬところから物語は始まりました。

シーンはアニメで展開されるのですが、
少しアニオタっぽい感じの絵のタッチだと思いました。

登場するキャラは、美男美女系で
アニメ好きな私でも少し抵抗があり、
声優さんの声はいかにもアニメって感じで、同じく抵抗がありました。

すなわち、若干ヲタク向けな感じに設定されているということです。
アニヲタ好きな方は、すんなり入れるのではないでしょうか。
逆に、プロダクションIG系のシリアスなアニメが好きな人にとっては、
抵抗があるかもしれないですね。

↓こんな感じです

次に、システムの方ですが、
基本的にはRPGなのですが、
4頭身くらいにデフォルメされたキャラが
横スクロール的なダンジョンを冒険していきます。
初期のイースとか、マリオに近いかもしれないですね。

そして、敵と接触すると戦闘シーンが始まります。

この横スクロールは、賛否両論あると思います。

私はそんなに好きではありません。
なぜならば、世界観のリアル性を低下させてしまうからです。
やっぱり3次元的に自由に歩き回りたいですよ。

それに、画面右上のナビゲーションが分かり難く、
ちょっと不親切だなって思いました。
これ以上、上に行けるのか?目的地はどこなのか?
などが分かりにくいのです。

それにデフォルメされたキャラも、
アニメとの感情移入を妨げてしまうのでは、と思いました。
まあ、システムにこだわらない人はそんなに苦にはならないと思いますが・・・。

ダンジョンの絵は色合いがキレイですね。
しかし、ポリゴンの作りこみはそんなに美しくはないです。
木のツルの形がカクカクしてたりして、結構荒い部類に入ると思います。

戦闘は、攻撃と守りのターンに分かれているのが冗長だと思いました。
もっとサクサク行動できないのでしょうか?

それに音楽ですが、ダンジョンと戦闘シーンの音楽が、ダサいですね。
いかにもRPGの曲って感じで今風ではないと思いました。
曲の体裁は整っているのですが、いかにも過ぎて
高揚感に欠けていると思いました。

以上が1時間ほどプレイしてみた所感です。

アマゾンの評価は星4つでそこそこいいのですが、
評価の低い人の意見を見てみると、
私の言っているようなことを書いている人もいましたね。

それに、
・強制終了に見舞われる
・まゆらというキャラのスキルを上げる事でしか回復魔法を覚えられないので、
これに気付けないとストーリーが進められなくなる。
・ダンジョンの途中でセーブだできない。
などが要注意点ですね。

個人的な評価としては(30点/100点)といった感じかな。
雰囲気はいいところ来てるんだけど、
色々なところが残念なゲームだと思いました。

ソース:
イグジストアーカイブ(公式HP)

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。