ZOOMのR16を購入:開封の儀

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 14

複数マイクを使ったドラムのレコーディングのため、
8chのオーディオインターフェースとして使える
ZOOMのR16を購入しました。

最初は8chのオーディオインターフェースとして、
TASCAMのUS-16×08(¥35,100 税込)を考えていたのですが、
より安価なZOOMのR16(¥28,944 税込)に決めました。

サウンドハウスで購入。

箱の外観↓

開封

本体、USBケーブル、ACアダプタ、ドライバCD、マニュアルがついています。

SDカードは2GBのが付属していました。1GBから2GBに変更されたようですね。

ドライバはCDを使わず、メーカのHPから最新版をダウンロードしてインストールしました。

ドライバをインストール後、R16をUSB接続すると、
本体側でオーディオインターフェースとして利用するか表示されるので、
ENTERボタンを何回か押すとパソコン側で認識されます。

CakeWalkで動作チェックしてみると、8chのオーディオインターフェースとして使えそうなことが分かりました。詳細は、改めて記事にする予定です。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。