主要メーカーじゃない激安釣り具を買うと安物買いの銭失いになる

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 28

釣り具を買おうと思ってAmazonをウォッチしていると、ついつい安価な釣り具に目がいってしまいます。

たとえば、リールなんかだと、

ダイワやシマノだと1万円以上するけど、同じような性能(に思える)の物が安価である!!しかも、レビューもそんなに悪くない!!

主要メーカーじゃないけど、安いし、まあいいか、買っちゃえ・・・

と思って買ったリールは、安物買いの銭失いになるパターンが多いです。

釣りを始めて間もない方にありがちなパターンです。
(これまでに私も安くはない金額をドブに捨ててきました(泣))

Amazonでの激安釣り具メーカーには、例えば下記のようなメーカがあります。
・KASTKING
・GOTURE
・Piscifun

私も実際に、KASTKINGとGOTUREのリールを買ったことがありますが、どちらのリールも数回の使用ですぐに使えなくなってしまいました。

↓が買ったことのあるリールです。

カストキング(KastKing) スピニングリール Summer/Centron 500 2000 3000 4000 5000 9+1BB 軽量 最大ドラグ力8Kg(左右交換ハンドル)


ゴチュール ベイトリール 右巻き 船釣り 軽量化 自重210g マグネットブレーキ 右

KastKingのリールは数回の使用でハンドルが回りづらくなってしまい、使用が困難になってしまいました。

ゴチュールのベイトリールは同じく数回の使用でドラグが効かなくなり、ハンドルが巻けなくなりました。

これらは安価で、Amazonの評価も☆の数でいうと悪くなかったですが・・・。

どちらも驚くほどあっけなく使用不能になってしまいました。

しかし、安いといっても4000円台はしました。数回の使用で使えなくなって、また同じのを購入することになったら、ライン代なども含めると、すぐに一万円はいってしまいます。

それならば、少し高いけれども、耐久性のある主要メーカーの釣り具を購入した方が、1回の釣行でのコストパフォーマンスはよくなります。

リールだけでなく、ロッド、フィッシュグリップ、プライヤーなどもそうです。

釣り具は細々したものを色々買う必要があるので、一つ一つのコストを抑えたくなる心理が働きやすいかとは思いますが、多少値段が上がっても、主要メーカー(ダイワ、シマノ、アブガルシアなど)の釣り具を購入しましょう。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。