高速バスドラム用に適したペダルは?3大ペダルを踏んできた結論。AXIS、DW9002、スピードコブラ

■スポンサードリンク
この記事の所要時間: 323

メタラーだったら、
バスドラムをドカドカ高速で踏んでみたいと思いますよね。

高速バスドラムを踏むには、
それに適したペダルを選ぶ必要が有ります。

値段で言ったら、4万円以上のペダルが候補になり、
特に以下の3つのペダルが候補になると思います。


AXIS A-L2


DW-9002


TAMA スピードコブラ HP910LWN

僕は、近くの楽器店で試奏させてもらって、
最終的にはスピードコブラにしました。

以下、私がそれぞれのペダルを踏んだ感想と
特徴について述べたいと思います。

AXIS A-L2

AXISはチェーンではなく、ダイレクトドライブなので、
ペダルとビーターの動きが完全に連動します。

3つのペダルの中では一番、
踏み心地がよく、軽かったです。

ペダルとしては、一番自分に合っていたと思います。
なぜか本体もめちゃ軽いです。

ただ、日本の代理店がいまいちらしく、
スプリングなどの交換部品がなかなか手に入らないのが大きな欠点
と店員さんが言っていました。

あとお値段が8万くらいと高いです。

DW9002

DW9002は3つの中では一番人気があります。
ダブルチェーン方式で、スプリングがベアリングの内側に付いており、
とことん効率化が図られています。

僕の好きなLuke HollandもDW9000シリーズを使っていますが、
別にメタラーじゃなくても、
使っている人がいっぱいいるそうです。

そして、踏んだ感じですが、重かったです。

ネットの事前情報では、
とても軽いとあったのですが、意外でした。
3つの中では一番重かったです。

しかし、この重さになれると
高速バスドラムにはなくてはならない重さになるそうです。

僕は、最初はDW9002が一番ほしかったです。
でも、ペダルの踏み心地に新鮮さが感じられなかったのと、
ちょっと作りが雑な個体があり、部品の取り寄せに時間がかかるときもある、
というネット情報をみて、購入をやめました。

これらのネット情報は本当か分かりませんが、
このペダルの重さを使いこなせる自信がなかったのが、
購入をやめた主要因です。

ペダルの重さは、ビーターを標準のものから
軽いもの(たとえばスピードコブラのブタジエン系ビーター)に
交換するといい感じになる人もいるそうです。

店頭価格で7万くらい、ネットだと55000円くらいで購入できます。

スピードコブラ

スピードコブラはダブルチェーン方式のペダルです。

パッと見、特徴がないペダルです。

しかし、ペダルの後ろにバネが付いていたりして、
とことん高速バスドラム用に設計されています。

踏んだかんじ、AXISよりは重いですが
DW9002よりはAXISに近いと自分は感じました。

軽いじゃないか、と驚きました。

あとブタジエン系のビーターがかっこいいです。
ブタジエン系の樹脂を採用しているのは
アタック感がよくなるからという理由らしいです。

個人的には、アタック感は高速バスが踏めるようになってからで
いいかなと思いましたが、とにかく踏み心地がよかったです。
それが、スピードコブラを選んだ理由と成りました。

それに値段も4万円台と3つの中では一番安いです。
私は47000円くらいで購入しました。

結論

結論としては、「自分で踏んでちゃんと確かめてください。」
としか言えないです。

それに試奏したからといっても、
たかだか数十分では、ほとんど情報は得られないでしょう。

だから、ちょっと踏んでみて、
自分のフィーリングにあったペダルを購入してみてください。
使いまくった末に自分なりの結論が出ると思います。

以上、私の独断と偏見に満ちたツインペダルのレビューでした。

PR
■スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。